私がいわき市でコーチングを伝える理由

私がワークショップという名称で地元いわき市においてレクチャーし始めて、早4年目。


医療介護職の方中心に、じわじわと参加の輪が拡がってまいりました。


ご縁とかタイミングを大事にしてますので、毎回少人数制となっております笑



私が地元でこのような場を設定しているのにはいくつか理由があります。


1つには、地元・専門職のため。


なかなかこちらで本格的なコーチングを学ぶ機会はありません。

よっぽどな方は、東京まで学びに行ったりするでしょうが、

多くの人にとって、そこまでの時間や費用をかけられない、というのが実情でしょう。


アンテナに引っかかった、「学びたい!」という方のために、

全国標準のコンテンツをお伝えし、活性化のお役に立てたら、と思うためです。



2つめには、自分のため。


そう、自分のためです。

これはかつて師匠に教わったことなのですが、とにかく自分の学びをアウトプットする場をつくることの力です。

これ、実際にやってみるとよーく分かります。


ある程度短時間、少人数、目の前という距離感、分かりやすさ、実践のしやすさ・・

あらゆる場面設定がトレーニングになります。

事実、ワークショップを始めたこの3年間で、プレゼン力が格段に上がった気がしています。

本当に貴重な場となっています。




そんな、いわき市でのコーチング講座ですが、

今日も医療介護職でない方から問い合わせがありました。

どこで知ったのか?笑 このご縁が大事です。



あなたももしご興味がありましたら、まだお席はありますので、こちらからお申込み下さい。

https://peraichi.com/landing_pages/view/iwakicoaching



第1回目の様子です↓