無料(タダ)と価値


先日、愛知県刈谷市にて、Bridgeゼネラリストコースの講義に行ってまいりました。


その前夜に小さな懇親会があったんですけどね、BRIDGE PLUS小松洋介先生とも一緒で、ちょうどその前日にあの噂のPDF資料ダウンロード解禁してた最中だったので、もちろんその話題になりました。


↑これがそのウワサの・・

https://goo.gl/Vh4RvS



解禁直後からすでにTwitterやブログで大騒ぎだったので、明日会うこともあり、実はちょっとだけ確認したかったことのやり取りをメッセンジャーでしたんですよ。


今回の戦略の意図を聞くと、「単なる思い付きで」と完全にうそぶいてましたが笑、その目論見を遥かに超える反響になっていますね。


これはお互いの手の内を明かすことになるので、あまり詳しくは言えませんが、これが成立するのも、小松氏のコンテンツのクオリティがなせる業であろう、と。




このいわゆるフリー戦略は、数年前に書籍などで話題になったことがあり、今もそれはマーケティングの常套手段となっています。

(〇モホルン〇ンクルやD〇C ブ〇ーベリーのサプリがなぜに最初タダなのか?!)


※これはHIP HOPの世界でも同様で、この1曲で今年のシーンを席巻した「超wavyでゴメンね」のJP THE WAVYもミニアルバムを立て続けに無料リリース、フリースタイルダンジョンの初代モンスターだったT-pablowのグループ、BAD HOPも2枚のアルバムはどちらも無料ダウンロード、晴れて今回のNewアルバムでは若手No.1の座を完全につかみ取っている。


なぜにこれをするのか? 単に太っ腹なのか? 全部タダだったら、生活できないんじゃないのか??


いえいえ、それこそ、理由は色々とあるんです。


私自身もだいぶ前からPDFや音声データなどをタダで配布したりしています。




当然、自分の持っているもの(価値)をまず最初にこちらから与えて、味見して頂く、これはあるでしょう。でも、実はもっと深いんです。その先の、その先の、その先にまで繋がってるんです。



しかも、数年前と比較しても、状況というか、空気感が変わってきているのを感じます。


それは、必ずしも無料(タダ)だから欲しい、という行動に結びついてる訳ではない、ということです。「価値」に対して、皆さんがもの凄く敏感になってきてるな、と感じるんです。心から価値を感じるからこそ、初めてタダだったり、5000円だったり、1万円でそれを手にしたい。


先日も、私がある有名講師のセミナー枠を持っていたので、「もちろん無料で招待しますので、先着3名!」と告知したところ・・問い合わせが全くの0(ゼロ)だったのです!驚 素人の勉強会じゃないですよ?笑 超有名人です。それでも価値を感じなければ、NOなのです。



ぜひあなたも、あなた独自の経験や知識、考えを何らかの形で、無料レポートや100円の電子書籍とかでもいいでしょう、ぜひやってみて下さい。それが非常に容易な時代になっています。


「ただし」、質がより問われてきています。クソ情報には皆見向きもしません。


だって、今はブログ、動画、書籍で玉石混交ではありますが、有益な情報も掃いて捨てるほどありますもん。有り余ってるんです。



あと、やるなら、「意図」を大事にして下さいいったい、何を「目的」にそれをするのか


これが無いと、よくありがちなのが、レポートを作ったことで満足、そして何人かに配布できたことで、自己重要感が満たされてそれだけで満足、という超しょぼい結果にもれなく終わります笑



なので、あなたもぜひここから小松先生の資料をありがたくダウンロードさせて頂きながら、

https://goo.gl/Vh4RvS


「一体どんな仕組みになってるんだろう?」

「時間はどのぐらいかけてるんだろうか?」

「なぜにこんなに大盤振る舞いなのか?!」

「これが何に繋がっていくんだろう?」


そんなことに思いを馳せながら(この想像力が大事!)、ぜひご自分なりのスタイルを作ってみて下さい。





P.S. 今後は、無料のセミナーとか動画セミナー配信みたいなのが流行っていくかもしれないな~