日向亭葵氏 書籍「転倒しない人はすでにはじめている『エアリハ』3つの習慣」レビュー


結論から言おう。

これは、高齢者の運動指導などに携わっている者ならば、全員読むべき一冊だ。 


理由は3つある。 



まず一点目。 

これまで噂は聞きつつ謎のベールに包まれていた「エアリハ」の全貌が分かる点。 

何せ、講演がそのまま文字になっているから笑 思わず先日の興奮がよみがえってきた。このスタイルはありそうで無かった。 

繁岡氏がどのようにして何百人もの参加者を熱狂の渦に巻き込むか、そのまんまネタばらしされている。いかに分かりやすく、笑いとともに伝えるか?ぜひ指導者は参考にすべきだ。事実、私も先日の講話でパクらせてもらった笑 


二点目。 

体操の習慣化に徹底的にこだわっている点。

これは多くの指導者が苦慮しているところではないだろうか。いかにエアリハにより簡略化させ、根拠をもって続けて頂けるか。その真骨頂を学ぶことができる。 


そして三点目。 

最後の章で、目標(夢)にフォーカスしている点。

人は向かいたい姿があるからこそ、そこに意味を見出し、日々の運動に取り組むことができる。これは多くの人にとって希望と動機づけになるのではないだろうか。この章は個人的にもグッときた。 



私はトータルして、この書籍はシニア向けのモチベーション・ブックと感じたのと同時に、指導者の指南書としてピッタリではないか、と感じた。病棟や老健でのレク、集団体操の時間に、この手法をまんま展開してみてはいかがだろうか。 


このエアリハは今後さらに日本中を席巻する予感がしてならない。 

関係者にはお世辞抜きに自信をもってお勧めしたい。 



「転倒しない人はすでにはじめている『エアリハ』3つの習慣」 

https://goo.gl/HJomdK